英語教材「聞き流すだけで英語をマスター」 商品一覧

@短期記憶と脳のメカニズム(「聞き流すだけで英語をマスター」はなぜ小分割なのか)

なぜ「聞き流すだけで英語をマスター」は小分割なのかを考える前に、
短期記憶と脳のメカニズムについて少し説明します。

記憶には大きく分けて「短期記憶」と「長期記憶」があります。

会った人の名前を一時的に覚えるようなものが「短期記憶」。
親しい人の名前など、ずっと覚えているのが「長期記憶」ですね。

英語の場合でも単語やフレーズを覚えたりするのは「短期記憶」
Hello!のように意識しなくても理解できるのは「長期記憶」です。

記憶のしくみについては、まだはっきりとわかってないことが多いのですが、
簡単にいうと「短期記憶」の蓄積が「長期記憶」へとつながっていきます。

英語などの語学の学習ではこの「短期記憶」をいかに効率よく蓄積できるかが重要になってきます。

この「長期記憶」と「短期記憶」はメカニズムが異なり、
短期記憶の置き場は脳の「海馬」と呼ばれる部分、
長期記憶は脳の他の部分が作用しています。

ではどのようにして「短期記憶」は「長期記憶」へと変わるのでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。