英語教材「聞き流すだけで英語をマスター」 商品一覧

「聞き流すだけで英語をマスター」テキストサンプル

では早速テキストサンプルを見てみましょう!

聞き流すだけで英語をマスター初級「ピーターラビット」

 昔々 ONCE upon a time 4匹の小ウサギがいました there were four little Rabbits, 彼らの名前は and their names were--
  フロプシー Flopsy, モプシー Mopsy, コットンテイル Cotton-tail, そしてピーターです and Peter.
 彼らは住んでいました They lived おかあさんと with their Mother 砂地の土手に in a sand-bank, とても大きなモミの木の根もとでした underneath the root of a very big fir tree.
 「さあ、みんな "NOW, my dears,"」とお母さんウサギが言いました said old Mrs. Rabbit ある朝のことです one morning,
 「行ってもいいわよ "you may go 野原や into the fields 細道へ or down the lane, でも行っちゃだめよ but don't go マグレガーさんの庭には into Mr. McGregor's garden: あなたたちのお父さんは your Father そこで事故にあってしまったの had an accident there; お父さんはパイの中に入れられてしまったわ he was put in a pie マグレガーさんの奥さんによって by Mrs. McGregor."」
 「さあ行っておいで "NOW run along, いたずらしたらダメよ and don't get into mischief. 私は出かけます I am going out."」


はい、どうでしたか?

見てわかるように
日本語→英語の順に書かれています。
当然ながら日本語は次にくる英語の対訳となっています。

まず日本語が書いてあるので、次の英語の意味はあらかじめわかって読むことになりますよね。
ですので、いちいち辞書でわからない単語を調べたりという手間がいりません。

また前もって意味がわかっているので次の英文の予測をイメージしながら読み進めることができます。

つまりネイティブと同じような感覚で英文が読める(聞ける)んですね。

このことは英語学習にとってものすごく効果があります。

こういったテキストはあまり見かけないので慣れないと読みづらいかもしれませんが、テキストをこなしていくうちにすぐ慣れてしまいます。

むしろ右側に英語、左側に日本語といった従来よくある対訳形式の英語教材ですと、右を見たり、左を見たりして作業の効率が悪くなります。

「学習スピードを上げて、効率よく英語を学ぶ」という点で、この「聞き流すだけで英語をマスター」は優れたテキスト英語教材といえます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。