英語教材「聞き流すだけで英語をマスター」 商品一覧

右脳→左脳の連携学習について(聞き流すだけで英語をマスター)

では、実際に「聞き流すだけで英語をマスター」で、どのようにこの右脳と左脳のはたらきを利用しているか説明します。

先ほど左利きは右脳に刺激がいきやすいと説明しましたが、
左耳は右脳に、右耳は左脳につながっています。

そこで「聞き流すだけで英語をマスター」では、

左耳(右脳)からは日本語が、

右耳(左脳)からは英語

聞こえるようになっています。

※ただし「賢者の贈り物」「ヨハネの福音書」はモノラル録音のため両方から英語と日本語が聞こえます。


左耳で日本語を聞き、意味とイメージを注入して、まず右脳に働きかけます。

つぎに右耳から英語が聞こえてきますから、それを左脳でとらえ、左脳言語中枢への刺激によって英語の発音や単語、フレーズを同時に頭に焼き付けるわけです。

つまり

日本語→右耳→右脳→意味のイメージができる!
英語 →左耳→左脳→発音、単語、フレーズを理解!



画像で説明するとこんな感じです。
brain.jpg

これは大脳生理学的にみて、理想的なリスニング法、理想的な語学学習法です。

「聞き流すだけで英語をマスター」ではこの右脳→左脳という連携学習により、
言語中枢の働きが数倍に活性化し、スピードラーニングできます。

「聞き流すだけで英語をマスター」を1週間やると英語耳、英語感覚が身につくのはこの「右脳→左脳」という連携学習のおかげなんですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。