英語教材「聞き流すだけで英語をマスター」 商品一覧

「聞き流すだけで英語をマスター」はなぜ日本語→英語の順なのか

「聞き流すだけで英語をマスター」の大きな特徴のひとつである

日本語→英語

の順で学習する方法。

えっ〜!

英語を学習するのに日本語が先行してていいの?

そんな方法で英語がきちんと学習できるの?

って思う方も多いと思います。

ここでは3つの項目に分けて

「聞き流すだけで英語をマスター」はなぜ日本語→英語の順なのか

を説明していきます。

疑問に思った方はぜひ読んでみてくださいね。↓↓↓

@今までの「英語→日本語」では効果がない!(「聞き流すだけで英語をマスター」はなぜ日本語→英語の順なのか)

 多くの人は学校で、英語→日本語の順で学ぶ方法に慣らされてきました。しかしこの方法は、じつはあまり効果がありません。
 たとえば、ある講演者が英語でスピーチして、そのあとに日本語の翻訳がついても、たいていの人には、ほとんど英語の勉強にはならないでしょう。なぜでしょうか。これは、英語を聞き取れていない上に、そのあとに日本語で意味を聞いたときには、もう英語の文章を忘れてしまっているからです。ですから、英語は全く頭に残りません。
 ところが、講演者が日本語でスピーチして、そのあとに英語の翻訳がつくと、それを聞いている人にとっては、(若干の英語力があるなら)じつは非常に英語の勉強になるのです。それは、まず何を話しているのかが日本語で頭に入り、つぎに英語を聞くので、英語が聞き取りやすくなるからです。また聞き取れれば、それが頭に入るからです。

A英語の順なのか⇒次の英語を予測できるから効果的!(「聞き流すだけで英語をマスター」はなぜ日本語→英語の順なのか)

私たちが会話をする場合、無意識に次の会話を意識しています。

たとえば「明日の天気は?」という言葉が来ると
次の内容は「天気に関すること」だと予測できます。

次の会話・文章を予測・イメージする能力は語学にとってものすごく大切です。

ただいきなり予測しろ!といっても大変ですよね。

「聞き流すだけで英語をマスター」の日本語→英語の順はこれを解決します。

先に日本語が来るので次の英語を予測・イメージできます。

そうするとただ英語を聞く、あるいは英語→日本語の順で聞くよりも、
はるかに英語を聞き取れるようになります。

この「聞き流すだけで英語をマスター」では
その英語を聞き取りやすくする訓練がものすごく効果的なんですね。

Bこれまでの対訳式の英語教材のわずらわしさがない!(「聞き流すだけで英語をマスター」はなぜ日本語→英語の順なのか)

この教材では、日本語と英語が交互になっていますが、文章の流れは一度聞く(読む)だけで分かるように、スムーズにつながっています。ですから、これまでの対訳式の英語教材のように、視線を英文にやったり日本文にやったり、右や左にやったりといった煩わしさがないわけです。
 疲れるあの対訳式学習とは、おさらばしましょう。この教材では、ただ聞いているだけで、また読み進むだけで、辞書なしで楽々、英語が頭に入ってきます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。